【sanmarusan-口コミ⑥】ピッチピチのEカップが堪らない!ぽっちゃり系二十歳のパパ活!

スポンサーリンク
無料アダルト系マッチング
巨乳-sanmarusan マッチング

みなさん

「パパ活」

ってご存知ですか?

 

一時期すごく流行ったので、たぶん聞いたことある人の方が多いでしょう。

ま、一時期と書きましたけど、実際は今でもまだまだブームが続いてるっぽいですね。

 

ブームというより、もはや完全に定着した感じでしょうか?

 

sanmarusanにもパパ活目当ての女性が結構いるので、今回はパパ活OKなキャストを選んで遊んでみました。

スポンサーリンク
無料アダルト系マッチング

ボインボインのぽっちゃりEカップで初パパ活

初めてのパパ活、どんなお相手にすべきなのか。

でもパパ活って、

「夢や目標があるちょっと貧乏な女子大生」

というイメージがあります。

なんでしょう、応援したくなるようなカンジというか。

 

もちろん実際は、いろんな女性がパパ活に取り組んでいるんでしょうけどね。

(前に「人妻が旦那に内緒でパパ活やってる」という話を聞いたこともありますし…)

 

なので「夢や目標があるちょっと貧乏な女子大生」っていうのは、完全に僕の勝手な固定イメージなんですが。

 

せっかくなんでそのガッチガチな固定イメージに沿ってキャスト選びをしてみました。笑

 

す●ちゃんというハタチの学生さんで、夢のために貯金&節約中。

うん、完全に僕のイメージにピッタリですね。

 

まさに応援したくなるカンジ。

 

しかもす●ちゃん、ぽっちゃり体型のEカップ。

 

写真を見ても胸のボインボインぶりが伝わってきます。

体型も完全に僕好みとくれば、もうす●ちゃんで決まりです。

高級レストランで料理を堪能する節約苦労人女子学生

「おまえが決まりと思ってもす●ちゃんの気持ちはわからないだろ?」と思うでしょう。

 

でも大丈夫です、すんなりデートが決まりました。

 

いつも思うんですけど、sanmarusanってほんとデートまでサクサク進みますよね。笑

 

女性もほぼ稼ぐこと目的だったりするので、「えぇ~もう会うの~?」みたいな余計な焦らしがないというか。

つくづく優秀なサイトです。

まぁパパ活とはいっても、デートしてお小遣いあげてという流れですから、気持ち的には普段とそんなに変わりありません。

 

そしてデート当日。

「こんばんは~!初めまして~^^」

フリルがついたミニのワンピースを身にまとい、す●ちゃん登場。

さすがハタチ!ピッチピチだな~と思わせる、白い張りのある太ももがまぶしすぎます。

 

ぽっちゃりムッチリ体型だから余計なんでしょう、、

 

正直

ヨダレものの足

でした。

 

おっぱいも当然ブルンブルンしています。

服の上からでもわかる巨乳ぶりに感動しながら、とりえあえず食事に行きます。

 

あえていつもよりワンランク上の和食レストランを選んでみました。

やっぱりパパ活なんで、ゴージャスな方がいいかなと。笑

 

「すっご~い!いいんですかこんな高そうなお店…」

「いいのいいの。遠慮しないで」

「最近ほんと質素な食生活だったんで…めちゃめちゃ助かります^^;笑」

 

最初は遠慮気味だったす●ちゃんですが、きっと本当に質素続きだったのでしょう、途中からガンガン食べまくってくれました。笑

 

「うわごめんなさい!美味しくてつい…」

「いやほんといいって!美味しそうに食べる子って好きだから、どんどん食べて」

「ありがとうございます~!!!」

 

元気があって可愛らしい子で、貧乏(たぶん)な状況と相まって余計応援したくなりますね。

節約術とかも聞きましたけど、そこまでするのか~ってくらい徹底しててビックリ。

飲み物ですらマイボトルを持参したり、とにかく無駄な出費を抑えるためいろいろ頑張ってるようです。

 

ただ、将来の夢に関してはまだ教えてくれませんでした。

 

「もっと仲良くなったら」と言っていましたが、どんなことなんですかね~。

気になりましたが、あんまりしつこくするのもアレなんであえて突っ込まずに。笑

 

パパ活はほどよい距離感も大事って聞きましたし、ね。

とりあえず最初はおっぱいから

パパ活って、「最初から肉体関係ありき」ではなく「最終的に肉体関係に到達する」とか、よく言われてますよね。

だからす●ちゃんも、初回からいきなりエロ系は無理だろと思っていました。

 

会う前のやりとりでも、最初は食事から…って言っていましたし。

 

しかし嬉しいことに、

 

あのEカップおっぱいを触らせてくれたんですよ。

 

しかも直接。

(もちろん店内ではないですよ!食事後に外の暗がりで…です。笑)

 

「いいの?」

「いいです。××さんイイ人そうだし、楽しかったし」

「でもさすがに最後までってのはないよね?笑」

「あ、いきなりそれはちょっと…^^:すみません。笑」

 

いやいや、謝ることはありません。

デートだけのつもりでしたから、ブルンブルンの巨乳Eカップを直に触れただけでもありがたいものです。

 

おっぱいは序章。

とりあえず最初はおっぱいから。

 

そんなのも悪くないよなと思いながら、家に帰ってオッパイの感触を思い出しつつオナニーしました。笑

引き続きす●ちゃんを応援していけたらと思います~。