佐々木 史朗(ささき しろう) 佐々木史朗 (映画プロデューサー) – 邦画の映画プロデューサー。元日本アート・シアター・ギルド社長、オフィス・シロウズ設立者。 佐々木史朗 (音楽プロデューサー) – アニメの映像・音楽プロデューサー。フライングドッグ代表取締役。 佐々木史朗 (裁判官) – 福岡高等裁判所長官・札幌高等裁判所長官
933バイト (143 語) – 2021年12月5日 (日) 00:04
【訃報】映画プロデューサーの佐々木史朗さん死去
訃報】映画プロデューサーの佐々木史朗さん死去 83歳 死因は肺がん : まとめダネ!

1 湛然 ★ :2022/04/28(木) 05:21:46.92

映画プロデューサーの佐々木史朗さん死去 「家族ゲーム」「転校生」など
4/27(水) 16:30 映画.com
https://news.yahoo.co.jp/articles/4fc5d5d4f568ae616ca2d9a5a2f905bb5379c92d
映画プロデューサーの佐々木史朗さん


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

 映画プロデューサーの佐々木史朗さんが4月18日、肺がんで死去していたことがわかった。享年83。自身が設立した映画製作会社オフィス・シロウズが発表した。佐々木さんの生前の遺志により、近親者のみで葬儀が執り行なわれ、後日「お別れ会」を予定している。

 佐々木さんは1939年、中国・大連生まれ。TBS勤務を経て、1970年に東京ビデオセンターを設立。1979年日本アート・シアター・ギルド(ATG)の代表に就任し、大森一樹、長崎俊一、森田芳光ら自主映画の作家たち、また井筒和幸や根岸吉太郎といった新進気鋭の若手監督たちの作品を次々とプロデュースした。

1993年にオフィス・シロウズを設立すると、中江裕司や李相日、西川美和、沖田修一ら、才能ある若い作り手を世に送り出し続ける。2011年には、今村昌平監督の念願であった日本映画大学を設立し、理事長に就任した(2018年退任)。

主なATGプロデュース作品は「ヒポクラテスたち」「ガキ帝国」「遠雷」「転校生」「九月の冗談クラブバンド」「TATTOO〈刺青〉あり」「家族ゲーム」「逆噴射家族」など。

(おわり)