氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 – )は、日本の演歌歌手。2000年デビュー。 本名は山田 清志。一部で「kiina」という名前を使用することがある。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属。
69キロバイト (4,939 語) – 2022年5月2日 (月) 10:19

   メイド喫茶の店員のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや
  

高校生時代のように飲食店でバイトをしてみたい…

【歌手】氷川きよし“休養の本音”初告白「飲食店でバイトしてみたい」

1 鉄チーズ烏 ★ :2022/05/06(金) 06:39:34.85

投稿日:2022/05/06 06:00
『女性自身』編集部
https://jisin.jp/entertainment/interview/2093608/

(出典 img.jisin.jp)
.webp

氷川きよし(44)が開催する『2022年 明治座 氷川きよし特別公演』(6月3日~7月4日)は、フランスが舞台。初めての試みに、どうやら胸を躍らせているようす。公演や近況、そして来年からのお休みについて、ホテルのアフタヌーンティーに舌鼓を打ちながら本音で語ってもらいました――♪

「お休みの間は“Let it be”でいくつもりです。ついつい動き回ってしまうタイプなので、あえてなにも決めていません。海外、とくにフランスに行ってみたいなと思っているくらいですかね」

1月21日、’23年からの歌手活動休養を発表した氷川。期限はとくに決めていないという。公式サイトでは《自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたい》とつづっていたが、改めていまの気持ちを聞いてみた。

「ずっと走り続けてきたし、少しゆっくりしてもいいのかなとようやく感じるようになって。でも、家でじっとしているのは嫌(笑)。声帯ポリープの術後も、安静にしているのが本当につらかった。そういう性分なんでしょうね。現実的には難しいでしょうが、高校生時代のように飲食店でバイトをしてみたい(笑)」

休養前の今年はいつも以上にタイトスケジュール。そんな多忙を極めるなか、新習慣を始めたそう。

「まずはやっぱり劇場公演ですね。東京・明治座、大阪・新歌舞伎座、福岡・博多座、愛知・御園座と、6月から4劇場をまわらせていただくので、体作りのために、最近ヨガとピラティスを始めました。週に1回、先生に自宅へ来ていただいてるんですが、朝が早くてたいへん(笑)」

“歌”のことが片時も頭から離れないのは、リフレッシュ期間を控える今も変わらない。

「復帰時期も未定なのに、休暇後にはどんな楽曲を歌おうって今から考えてしまうんです。涙も汗も喜びもすべて詰まった、もっとも大変でもっとも楽しい仕事がコンサートなので。お休み明けも、声の続く限り歌っていきますよ!」

憧れの美空ひばりさんのように「自身の人生をもって歌い、聴く人の心にメッセージを送れる歌手でありたい」と語る氷川。“歌はわが命”を体現する氷川のパワーアップした復帰後が今から楽しみだ。

6 名無しさん@恐縮です :2022/05/06(金) 06:42:47.73

二丁目デビューか?

19 名無しさん@恐縮です :2022/05/06(金) 06:53:21.03

>>6
デビュー前のバイトが2丁目のゲイバーじゃなかったっけ

28 名無しさん@恐縮です :2022/05/06(金) 06:59:49.60

*は残すきよこ

40 名無しさん@恐縮です :2022/05/06(金) 07:06:43.04

>>28
タチだからじゃない

50 名無しさん@恐縮です :2022/05/06(金) 07:17:07.26


(出典 i.imgur.com)

54 名無しさん@恐縮です :2022/05/06(金) 07:18:20.31

>>50
氷川きよしぽい。