世界遺産「首里城」火災発生7棟焼失。2019.10.31の悲劇まとめ

沖縄県那覇市の首里城消失

沖縄の歴史や文化を象徴する建物が焼け落ちた。31日午前2時40分ごろ、那覇市の首里城で正殿などが激しい炎を上げて燃え、正殿と北殿、南殿がいずれもほぼ全焼した。
今月27日からは琉球王国の儀式を再現する「首里城祭」が開かれており、30日深夜まで関係者が準備を進めていたという。
青い空と濃い緑に、真っ赤な首里城はいつも鮮やかに映えていた。取材で沖縄を訪れるたびに足を運んだ、高台にそびえる琉球王国の遺産。
その沖縄の誇りと人々の心のよりどころが、炎のなかに消えてしまった。漆黒の闇に噴き上がる火柱を、人々はなすすべもなくぼうぜんと眺めた。

首里城火災に関する投稿まとめ

エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン エロ活専門マッチングサイト【sanmarusan】サンマルサン

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。